メンタルケア心理士資格とは?

メンタルケア心理士資格とは、 メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団がダブル認定する民間資格です。このための認定試験は、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が実施します。
受験資格を有し、認定試験に合格することで取得することが可能となっています。

 

 メンタルケア心理士資格が生まれた背景とは?

 

メンタルケア心理士資格が生まれた背景には、昨今テレビや雑誌などでも話題になっている、高ストレス社会の問題があります。

 

日常の仕事や家庭生活において、高いストレスに晒され続けた結果、心を病んでしまう人が急増しているのです。
今では、成人の30%近くが潜在的な心の病を抱えているとさえ言われています。

 

こういったことから、ストレスから心を守り、さらにはストレスで負担がかかった精神をケアするために、メンタルケアの資格が生まれることとなりました。
その一つがメンタルケア心理士資格であり、この資格を取得される状態になるまでに、人間がこころを健全な状態のまま生活を送るために必要なメンタルケアの知識や、医療・教育・産業・公的機関といった現場において、カウンセリングによるアドバイスやサポートをするためのスキルを習得するのです。

 

 メンタルケア心理士資格の魅力とはどういったところにあるのか?

 

先ほどお伝えしたような背景があり、民間資格として立ち上げられたメンタルケア関連資格のうちの一つがメンタルケア心理士資格なのですが、では、メンタルケア心理士資格の魅力とはどういったものがあるでしょうか?

 

その一つは、メンタルケア心理士資格が、厚生労働省に認定されたジョブカード制度に登録されていることです。
ジョブカード制度とは、企業等でのキャリアアップやその蓄積による人材育成と発展のための制度ですので、ジョブカード制度に認定されているメンタルケア心理士資格は、就職や会社内でのキャリアアップなど様々な面で役立たせることができるようになっています。

 

つまり、メンタルケア心理士資格の大きな魅力のひとつに、将来性の拡大という側面があるということ。
メンタルケア心理士資格は、医療・福祉・教育・産業など様々な場面で活躍することが期待できます。
そういった現場においてカウンセリングを行うカウンセラーの需要が非常に高まっているからなのです。

 

さらに、メンタルケア心理士資格を取得した場合、メンタルケア学術学会に所属することができるという点も魅力でしょう。
メンタルケア心理士資格を取得の認定証を保有していれば学会に所属することができ、最新のメンタルケアサポートスキルを手に入れたり、人脈を広げたり、研究や実績を発表できる場が与えられることになります。

 

さまざまなメンタルケア関連資格がありますが、こういった面においてメンタルケア心理士資格には大きな魅力があるため、特に人気が高い資格となっているのです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら