メンタルケアカウンセラー資格とは?

メンタルケアカウンセラーとは、内閣府が認証設立した医療福祉情報実務能力協会が認定する、メンタルケアに関する民間資格です。
メンタルケアカウンセラー資格を取得するためには、医療福祉情報実務能力協会が認定した指定校の教育課程を修了することが条件になっています。

 

その大きな特色としては、別途の認定試験がなく、教育講座を修了することによって資格が付与されるということ。
資格取得のための教育課程についても、メンタルケアに関する基礎的知識を習得することが目的となっていますので、全くの初心者の方が、今後本格的にメンタルケアサポートを行っていくという目標を達成するうえで、まず最初に取得しておきたい資格だといえるでしょう。

 

 メンタルケアカウンセラー資格取得者とはどういった仕事をする人なのか?

 

メンタルケアカウンセラー資格取得者は、対人でのメンタルケアが実施できるスキルを保有することが証明された人です。
このため、心理学の基本的事項を知識として保有していて、かつコミュニケーションスキルがあり、さらにカウンセラーとしてカウンセリングによるサポートやメンタルケアが可能。

 

こういったことから、メンタルケアカウンセラーの資格取得後については、現在の仕事におけるスキルにプラスして社内メンタルケアの部署などへの異動などに引き続く、企業や団体のメンタルケアに関する事項が主な仕事となることでしょう。

 

もちろん、メンタルケアのカウンセラーとなることもできますが、メンタルケアカウンセラー資格単独では基礎的資格という位置付けでもありますので、採用されるということは希なケースとなることでしょう。
あくまで現在のキャリア・スキルの追加や、今後メンタルケアをさらに深掘りするための第一歩といった感じの認識が最も適しているのかもしれません。

 

 メンタルケアの知識を体系的に学ぶことで、今後の人生に大きく役立つ可能性

 

さきほどは、メンタルケアカウンセラー資格の仕事面での影響についてご紹介しましたが、この資格を取得するメリットとはそれだけではありません。
それは、日常における自己のメンタルケアや知人・友人の相談などのコミュニケーションの場面でプラスに働くということです。

 

メンタルケアについては、現在の日本の義務教育では体系化されて教育されることはありません。そういった状況で、あなたは自分が大きなストレスに遭遇した時にどうすべきかを知っているでしょうか?
また、自分の知人や友人から相談を受けた時に、どういった聴き方をすれば良いのか、どういったアドバイスやサポートが適切かを御存知でしょうか?
大半の方は「No」と答えると思います。
メンタルケアカウンセラー資格を取得するまでの講座ではそういった状況に対応できる知識やスキルを学べますので、今後生涯にわたってあなた自身のメンタルケアや周囲の人とのコミュニケーションにおいて大きなプラスとなることが期待できるのです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら