准メンタルケア心理専門士資格とは?

准メンタルケア心理専門士とは、メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団、並びにヘルスケア産業推進財団がトリプル認定する民間資格です。このための認定試験は、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が認定試験を実施します。
受験資格を有し、認定試験に合格することで取得することが可能となっています。
准メンタルケア心理専門士とはメンタルケア心理士の上位資格であり、メンタルケア心理専門士の下位資格、つまりメンタルケア心理士系の資格の丁度中間という位置付けです。

 

 准メンタルケア心理専門士資格の概要とは?

 

准メンタルケア心理専門士資格とは、初級資格という位置づけのメンタルケア心理士資格と、その上位資格であるメンタルケア心理専門士との間にある習得知識と技術の難易度の壁があまりにも大きいために新設された資格です。

 

受験資格は次の通りです。

  1. メンタルケア心理士認定試験の合格者
  2. 臨床心理士資格保有者
  3. 心理隣接研究・選考科修士

上記のいずれかを満たしている必要があります。
メンタルケア心理士認定試験に合格している場合は、そのまま出願することが可能と言うことですね。
試験はメンタルケア心理士と同様在宅試験となっていて、年4回実施されます。

 

さきほどお伝えしたように准メンタルケア心理専門士資格はメンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士資格の中間に位置するのですが、メンタルケア心理専門士になるために准メンタルケア心理専門士資格が必須ということではありません。
現在はメンタルケア心理士資格を保有していればメンタルケア心理専門士の認定試験を受験することができる状態になっています。
ただし、本資格の設置趣旨からも将来的にはメンタルケア心理専門士認定試験の受験資格となる可能性も十分予想できます。

 

 准メンタルケア心理専門士資格を取得するとどういうメリットがあるのか?

 

現状、准メンタルケア心理専門士資格はメンタルケア心理専門士資格取得のための必須条件ではないので、メンタルケア心理士資格を保有している状態でメンタルケア心理専門士資格を目指すことができます。

 

では、准メンタルケア心理専門士資格を取得するメリットとはどういったものがあるのでしょうか?

 

まず第一に、メンタルケア心理専門士資格を取得する以前のキャリアアップ・スキルアップが可能になるということ。
メンタルケア心理専門士資格は最上位資格であり、そのままカウンセリング実務が可能なレベルの知識と技能が求められます。
そのため、ある程度の経験も必要であり、メンタルケア心理士資格取得からメンタルケア心理専門士資格を取得するまでにある程度の時間がかかる可能性があります。
その間、初級資格しか持っていないという状況では、キャリアアップやスキルアップの障害となってしまう場合もあるでしょう。
准メンタルケア心理専門士資格を取得することで、それを足場にして着実なキャリアアップや就職面での優位を期待することができるようになると思われます。

 

次に、段階的な知識と技能の習得です。
メンタルケア心理士から直接メンタルケア心理専門士資格を取得した場合、その間の知識の壁が大きいため、知識や技能に穴があいてしまう可能性があります。
メンタルケア心理専門士資格を取得した後には、実務で生かすことになるので、そういった状態では不安になる方もいるかもしれません。
ですが、准メンタルケア心理専門士資格を挟んで、段階的に知識と技能を習得して認定されていれば、自信を持ってカウンセリング実務が可能なレベルに達することができるようになるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら