准メンタルケア心理専門士資格の試験概要

准メンタルケア心理専門士資格の試験の概要とは、どういったものとなっているでしょうか?
准メンタルケア心理専門士資格を取得するためには、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が実施する認定試験を受験して合格する必要があります。
この資格は、メンタルケア心理士資格とメンタルケア心理専門士資格の中間資格という位置付けとなっているので、受験するためには一定の条件があります。
また、准メンタルケア心理専門士資格を取得している場合、メンタルケア心理専門士資格の試験において一部科目が免除されます。

 

 准メンタルケア心理専門士資格の受験資格や試験の時期や場所とは?

 

准メンタルケア心理専門士資格の受験資格は次の3つの条件のいずれかを満たしている必要があります。

  1. メンタルケア心理士認定試験の合格者
  2. 臨床心理士資格保有者
  3. 心理隣接研究・選考科修士

試験は年4回実施され、受験会場は設定されない在宅試験となっています。
受験料は7,700円です。

 

 受験科目や試験の内容にはどのようなものがあるのか?

 

准メンタルケア心理専門士資格の試験概要について、その受験の科目や内容をご紹介します。
その科目は5つに区分されています。
そして、それぞれの科目における出題範囲は次のようになっています。

  1. 精神医学理論
  2. 知能指数、知能検査、質問法、臨床検査知識を含む検査学、事例検証等

  3. 面接技法(カウンセリング技法)
  4. 看護、コミュニケーション、心理アセスメント、守秘義務・倫理、インテーク面接等

  5. 応用生活心理学
  6. 家庭環境と発達心理学、心理的ストレッサー、家庭内心理学、時間的見地による心理

  7. カウンセリング技法(心理療法)
  8. 認知療法、ピア・カウンセリング、ヘルスカウンセリング、臨床動作法、心理劇、論理療法、交流分析、遊戯療法等

  9. 精神予防政策学
  10. 精神衛生全般、健康の定義、精神衛生援助サービス、社会と人、精神疾患予防職域、職場における心的環境の整備、リハビリテーション等

*メンタルケア心理士試験の分野も出題範囲に含まれます。

 

これらの出題範囲、科目はメンタルケア心理士試験と比べると大きく専門領域に入っています。
このため、准メンタルケア心理専門士資格取得を目指す場合にはしっかりとした準備が必要となることは間違いありません。

 

もちろん、准メンタルケア心理専門士資格の上位資格であるメンタルケア心理専門士資格の試験概要・受験科目はさらに難易度と専門性が高まりますので、そういった観点からも准メンタルケア心理専門士資格を取得して着実にスキルアップを目指す重要性が良く分かる内容となっているともいえるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら