メンタルケア心理専門士資格とは?

メンタルケア心理専門士資格とは、メンタルケア学術学会及び一般財団法人生涯学習開発財団、そしてヘルスケア産業推進財団がトリプル認定する民間資格。取得のための認定試験は、特定非営利活動法人である医療福祉情報実務能力協会が実施することとなっています。
受験資格を有し、認定試験に合格することで取得することが可能。
メンタルケア心理専門士は一連のメンタルケア心理士系資格の最上位資格であり、この資格の保有は、実務におけるカウンセリング能力などの即戦力であることを証明できるといわれています。

 

 メンタルケア心理専門士資格の概要とは?

 

メンタルケア心理専門士資格は、近年社会問題となっている精神疾患や心の病気の問題に取り組むために生まれた民間資格の中でも、特に注目されている資格です。

 

メンタルケア心理専門士は、多様な精神疾患の事例に関する知見に基づき、状況に応じた適切なカウンセリングが可能となるレベルの知識・技能を保持しています。
このため、最近話題になっているうつ病やパニック障害、職場や家庭・学校での多重ストレスによる自殺問題等、様々な問題が生じる場面においてメンタルケアサポートを提供することができるのです。

 

このようなメンタルケアの能力は、今後は医療分野だけではなく、福祉・教育・企業にも広く求められていく能力となりますので、メンタルケア心理専門士資格を取得すれば、キャリアアップはもちろん、就職の面でもかなり有利になることでしょう。

 

 メンタルケア心理専門士資格を取得すればどういったメリットがあるのか?

 

メンタルケア心理専門士資格は、先ほどご紹介したように、メンタルケア・心理関連の資格の中でも上位にある資格であり、注目度も高まっていますので、様々な分野での即戦力として期待されています。
ですので、メンタルケア心理専門士の最大の魅力は将来にわたって役に立つ可能性が非常に高いということが挙げられるでしょう。
就職・転職・企業内でのキャリアアップに役立つのはもちろん、カウンセリングのプロとしての能力はメンタルケアの分野のみではなく、その他の業務遂行や職場環境の改善、コミュニケーションの円滑化などに寄与することが可能です。

 

また、メンタルケア心理専門士は、このように注目度の高い資格であるのですが、例え心理学系の学位を取得していなくても、つまり現状で心理学について知らない人でも将来的には取得にチャレンジできる資格であるということです。

 

もちろん、メンタルケア心理専門士資格を受験するためにはメンタルケア心理士資格を取得するか他の必要な条件を満たす必要があるので、簡単に手にできるものではありません。
ですが、もしもあなたが今から心理カウンセラーのプロを目指したいと思うのなら、現在の仕事や学歴、年齢に関係なく取得を目指すことができるのがメンタルケア心理専門士のメリットのひとつですので、これには非常に大きな価値があるといえるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら