メンタルケア心理士資格の上下関係

メンタルケア心理士資格の上下関係についてご説明しましょう。
現状、医療福祉情報実務能力協会が試験を実施し、メンタルケア学術学会等(一般財団法人生涯学習開発財団、ヘルスケア産業推進財団)が認定するメンタルケア関連の資格が4つあります。

 

それは、

  • メンタルケアカウンセラー
  • メンタルケア心理士
  • 准メンタルケア心理専門士
  • メンタルケア心理専門士

の4つです。
それぞれの心理資格の上下関係などについて今回はご紹介していきます。

 

 メンタルケア関連資格の上下関係

 

先ほどご紹介した資格には上位資格、下位資格の上下関係があります。
その順はもちろんですが、入門資格であるメンタルケアカウンセラー、初級資格であるメンタルケア心理士、中級資格である准メンタルケア心理専門士、上級資格であるメンタルケア心理専門士という序列となっています。

 

最上位の資格はメンタルケア心理専門士資格であり、この資格は、メンタルケアに必要となる全般的な知識を持っており、なおかつカウンセリングなどの実務能力も証明する資格であるため、すぐにカウンセラーや相談員などを行える即戦力として評価されます。
ですので、メンタルケア心理専門士資格は就職やキャリアアップに直結するかなり強力な資格となることは間違いありません。

 

さて、この最上位の資格を保有するためには、もちろんしっかりと準備する必要がありますが、決して下位の資格から全て取得しなければならないということもありません。
メンタルケア心理士資格を取得すれば、メンタルケア心理専門士資格の受験資格を得ることができますので、4つ全ての資格を取得しなくても、メンタルケア心理士→メンタルケア心理専門士という順番で最上位の資格を取得することが可能です。

 

 メンタルケア関連資格の上下関係におけるそれぞれの役割とは?

 

先ほどお伝えしたように、4つある資格ですが、最低限2つの資格を保有することで就職や転職、キャリアアップに十分使える最上位資格であるメンタルケア心理専門士資格を取得できます。
ですが、かといって他の2つの資格に意味がないということはもちろんありません。
それぞれの資格には位置付けに応じた役割が与えられています。

 

メンタルケアカウンセラー資格は、心理学やメンタルケアというものを全く知らない方が、心理学の基礎やメンタルケアの概要を理解し、それを以降の資格に生かせるという役割があります。

 

メンタルケア心理士資格は、基礎的資格としてまずはこの資格を取得すれば、メンタルケア関連の実務が遂行できることを証明できることになります。
厚生労働省のジョブカードにも登録されている資格などで、持っていることで就職が有利になったり、キャリアアップを期待することができます。

 

准メンタルケア心理専門士資格は、最上位のメンタルケア心理専門士資格があまりにも高度な知識と技能が必要であり、メンタルケア心理士とのギャップが大きいために新設された資格です。この資格を取得することで、段階的なスキルアップを図ることができます。
また、メンタルケア心理専門士資格を受験する際に一部科目が免除となるメリットもあります。

 

メンタルケア心理専門士資格は最上位資格となりますので、この資格を取得すれば、メンタルケアの現場で幅広く活躍することができるでしょう。また学会での活動をする際にも役立ちます。
メンタルケア心理士の資格をとったら、是非目指したい資格となっています。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら