目指すなら最低限メンタルケア心理士資格

心理カウンセラーを目指すなら、最低限メンタルケア心理士資格を取得していることが望ましいです。それは何故なのかということについて、今回はお伝えしたいと思います。

 

 心理カウンセラーを目指すために最低限メンタルケア心理士資格を取得しておくべき理由

 

もしもあなたが心理カウンセラーになりたいと願うなら、メンタルケア心理士資格、もしくはそれと同等以上の資格を取得することをおすすめします。

 

テレビや雑誌でも連日のように流れてきますが、あなたも御存知のように、近年ではストレス社会を原因とする精神疾患の増加が大きな社会問題となっています。
ですので、うつ病やパニック障害といった精神疾患、そしてその前段階にある方を治療したり、予防するということに重点が置かれ始めました。

 

そういった流れの中で、心理カウンセラーという仕事が増加し、今後もさらに需要が高まるといわれています。
また、心理カウンセラーという単体の仕事としてだけでなく、職場におけるメンタルサポートの部署なども増えてきているため、そちらでも人材が求められているという状況があります。

 

もしもあなたがメンタルケア系の資格を取得すれば、就職に役立つだけでなく、キャリアアップに繋がることは容易に想像することができます。

 

そして、メンタルケアや心理カウンセラーのための資格にも様々なものが生まれ、複数乱立している状態にあったのですが、最近になってようやく主流となる資格の評価が定まるようになってきました。
その主流の一つが、メンタルケア学術学会が認定するメンタルケア心理士系の資格なのです。

 

 メンタルケア心理士系の資格が最低限必要となるのはその内容が優れているから

 

メンタルカウンセラーを目指す際にメンタルケア系の資格の中でも最低限メンタルケア心理士の資格をとっておいた方が良いというのは、その適用範囲と実績が優れているからです。

 

メンタルケア心理士は、人間関係の悩みや仕事の悩みといった不安から、精神疾患の防止として不眠・うつ・心の問題からくる身体の不調にも対応します。ただし、既に精神疾患を患っている場合の対応についてはその範囲に含まれていません。

 

たとえば、メンタルケア心理士よりも下位のメンタルカウンセラーの場合ですと、あくまでも心理学の基礎やコミュニケーションスキルの向上といった観点が高いので、精神疾患の防止の実務を担当するには心許ないというのが実情です。このため、精神疾患の予防の実務に対応できるメンタルケア心理士が最低限取得しておくべきといわれる所以となっています。

 

また、メンタルケア心理士資格の優れている点として、実務を重ねた上でさらにステップアップを希望する場合には、メンタル家心理専門士という上位資格があるということも見逃すことができない要素です。

 

最低限実務に必要な知識・スキルが保証されていることと、将来の発展の可能性があること。これがメンタルケアカウンセラーを目指すならメンタルケア心理士資格を取得することが望ましいといわれている主な理由となっています。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら