メンタルケア心理士資格は独学では資格取得が難しい

メンタルケア心理士資格は独学では取得が難しい理由とは何故でしょうか?
メンタルケア・心理系の資格の中でも人気があり、権威ある資格といわれているメンタルケア心理士資格ですが、信頼性が高い分、誰でもが安易に取得できるというものではありません。
今回は、メンタルケア心理士資格を独学で取得することがどうして難しいのかということと、その対処法についてご紹介したいと思います。

 

 メンタルケア心理士資格が独学で取得が難しい理由とは?

 

メンタルケア心理士資格の取得を独学で行うことが難しいことの最大の理由は、認定試験を受験するための条件をクリアすることが難しいからです。

 

メンタルケア心理士資格認定試験の受験資格は、

  1. 認定心理士の資格を保有している者
  2. 産業カウンセラーの資格を保有している者
  3. 文部科学省の定める4年制大学の心理学部・学科または隣接学部・学科の学位取得者
  4. メンタルケア学術学会が指定する教育機関において所定の講座を修了した者

以上の4条件となっています。このうちのいずれかを満たしていれば認定試験の受験資格が得られます。

 

しかし、この条件というのはかなり厳しいというのがご理解いただけると思います。
まず、@とAの条件ですが、認定心理士も産業カウンセラーについてもそれ自体がかなりの難関資格です。メンタルケア心理士資格を取得するためにこれらの資格をとろうとすることは本末転倒なくらいの準備が必要なので、既に持っている方以外にとってはとても独学で取得できるレベルのものではないでしょう。

 

Bの条件については、さらに厳しいといえるでしょう。特に既に社会人になっている方にとっては、大学に入学することは簡単なことではありません。

 

Cの条件については、講座を受講することが条件なので、独学では不可能ということになります。
これらの受験のための条件が厳しいため、メンタルケア心理士資格を独学で資格取得することが難しいといわれているのです。

 

 メンタルケア心理士資格を初心者の状態から取得するための最短の方法とは?

 

では、これからメンタルケア心理士を目指したいという方に最も適した最短の方法とは何があるのでしょうか?
その答えは、先ほどご紹介した4つの受験条件の「Cメンタルケア学術学会が指定する教育機関において所定の講座を修了した者」をクリアすることです。
ここでいう教育機関とは、たとえばヒューマンアカデミーなどの一般人を対象にスキルアップのための講座を提供する民間企業や団体のことで、複数が指定されています。

 

それらの教育機関では、メンタルケア学術学会が指定する教育内容について、通学もしくは通信制で講座を提供しているのですが、その講座を受講して修了までしっかりと学ぶことによって、メンタルケア心理士資格の受験条件を満たすことができます。

 

さらに、その講座の教育内容自体がメンタルケア心理士資格認定試験の試験対策にも直接繋がるようになっています。
ですので、もしもあなたがメンタルケア心理士資格取得を目指すのならば、ほぼ不可能ともいえる独学を選ぶよりは、指定教育機関が提供する通学または通信教育を受講することが最短かつもっともコストパフォーマンスの高い方法であるといえるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら