最難関である「臨床心理士資格」の取得が現実的ではない理由

心理カウンセラー・メンタルケア系の資格の中でも、一番最難関であるといわれているのは、臨床心理士資格です。
もちろん、取得の難しい資格保有者は、それだけ貴重な人材となりますので、心理カウンセリングやメンタルケアサポートの仕事をするのなら臨床心理士資格を取得するのが最良といえるかもしれません。
ですが、臨床心理士資格は最難関だけあって、これから心理カウンセラーを目指そうという方にとって取得は現実的であるとはいえません。
今回は、臨床心理士資格が何故最難関の資格で取得が難しいのかについてご説明していきたいと思います。

 

 臨床心理士資格とはどういったものなのか?

 

まずは、臨床心理士資格がどういったものであるかをご紹介します。
臨床心理士資格は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格であり、細分化すれば学校臨床心理士、産業臨床心理士、病院臨床心理士と呼称されます。

 

臨床心理士の行う業務は、相談者の精神疾患や心理面での問題をサポートしたり予防したり、心的健康の回復をケアすることです。

 

この臨床心理士資格は、最難関ということもあり、様々な組織で重要視されるようになってきました。
例えば、学校カウンセラーの認容規定では、文部科学省が臨床心理士資格を条件としていますし、「国境無き医師団」の心理ケアサポートの仕事をする場合には採用要件とされています。

 

 権威はあるが資格取得が現実的ではない臨床心理士

 

ご紹介したように、臨床心理士資格はそれを保有しているだけで様々な分野で即活躍できるほどの評価を得ることができるのですが、これから心理カウンセラーを目指そうという方にとってはその取得は非現実的といえるほどハードルの高いものとなっています。

 

臨床心理士の認定試験を受験するための受験条件がまず非常に厳しいです。

  1. 新第1種指定大学院を修了した者
  2. 新第2種指定大学院を修了し、修了後1年以上の心理臨床経験を有する者
  3. 臨床心理学またはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職大学院を修了した者
  4. 医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者
  5. 外国において上記条件@、Bのいずれかを有し、日本国内で2年以上の臨床経験を有する者

以上の5つの条件のいずれかを満たす必要があります。

 

これらの条件をクリアできたならば、認定試験を受験することができます。
試験には1次と2次があり、1次試験は学科と論文、2次試験は面接試験です。
会場は東京の1ヶ所のみとなっています。

 

もちろん、大学院修了レベルの知識が問われますので、非常に試験も難しいです。
大学院を修了し、実務経験があり、試験の準備も必要。
これが臨床心理士の資格取得が現実的ではないといわれる最大の理由となっているのです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら