財団法人 生涯学習開発財団が認定するメンタルケア心理士

財団法人生涯学習開発財団が認定するメンタルケア心理士資格についてご紹介します。
一般財団法人である生涯学習開発財団とは、生涯学習に関する情報提供やサポートを実施することを目的として文部省によって認可され、設立された財団法人です。
その事業内容は、生涯学習のためのコミュニティ運営および資格認定団体の支援、そして国際交流支援などとなっています。

 

 財団法人生涯学習開発財団が認定するメンタルケア心理士資格

 

財団法人生涯学習開発財団が認定するメンタルケア心理士資格は、2005年に認定が開始されたメンタルケア・心理カウンセラーのための認定資格。
様々な資格がある中では比較的新しい資格であるといえるでしょう。
このメンタルケア心理士資格は、仕事や家庭における日々の生活で見えないプレッシャーを感じるなど、様々なストレス要因を抱え込んでしまった結果、心の病気になってしまった人や、精神疾患に発展する恐れのある人々をカウンセリングなどの心理療法を用いてサポートすることができる能力を証明するものです。

 

人生・生涯においてメンタルケアの知識というものは非常に重要でありますし、医療・教育・福祉・企業などの現場において、昨今では幅広く活躍が求められる能力でもあります。
メンタルケア心理士は、認定試験の準備段階においてカウンセリングの技法や相談援助知識を習得しますので、資格取得後には様々な場面で生かすことができる資格であるとして近年特に話題になり、人気を集める資格となってきました。

 

 メンタルケア心理士資格を財団法人生涯学習開発財団が認定するようになった背景とは?

 

一般財団法人生涯学習開発財団がメンタルケア心理士資格を認定する団体となったことは単なる偶然ではありません。また、メンタルケア心理士資格は一般財団法人生涯学習開発財団が認定しなくとも、もともとメンタルケア学術学会が認定する資格でもあります。

 

現状、メンタルケア心理士資格は生涯学習開発財団とメンタルケア学術学会のダブル認定資格としても有名であり、それぞれ行政から認可された学術団体、財団法人からの認定を受けるということになっています。
これは他の民間資格ではあまり例を見ないものであり、それだけに高い信頼性が確保されていると評価されているのです。

 

メンタルケア心理士資格が重視されるようになった背景とは、テレビや雑誌などが報じる通り、メンタルケアが必要となる精神疾患が大きな社会問題となりつつあるためです。すでに、現在では成人の3人に1人が何らかの心の病気を抱えているという推計まである状態。
このため、海外では一般的な職業であった心理カウンセラーが日本でも必要となり、その需要が年々高まるようになってきました。

 

そういった環境にあって、心理カウンセラーのカウンセリング能力や知識を第3者的に証明し、心理カウンセラー業務の推進と、それによる精神疾患の予防や心の病気の改善を図ることを目的として、メンタルケア心理士資格が設置されることになったのです。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら