メンタルケア心理士はメンタル疾患のケア・相談援助

メンタルケア心理士は、メンタル疾患のケアや相談援助を行う際に求められる心理学的知識やカウンセリングの技能を有している人のことです。
メンタルケア学術学会が主催する認定試験に合格することによって資格を取得すると、メンタルケア心理士と名乗ることができるようになります。

 

 メンタルケア心理士が行うのは、メンタルケアやカウンセリングによるサポート・相談援助

 

メンタルケア心理士は、心理学の基礎的知識はもちろん、精神衛生や精神解剖生理学に関する知識、さらには薬学とカウンセリング技能の能力がありますので、医療の現場ではもちろん、福祉や教育・企業・産業・公共サービスなどの様々な面で活躍する機会があります。

 

そこでは、精神疾患の予防や心の病気のケアを行うために、重大なストレスにさらされてしまった人に対してメンタルケアを行います。
その際にはカウンセリングや相談援助の技法を使用することになります。
ただ単に会話をするという訳ではなく、心理学や精神医学に基づいた論理性のある対応を行うことで、適切なメンタルケアとサポートを提供することができるのです。

 

 メンタルケア心理士のメンタル疾患のケアや相談援助は今後益々重要になる。

 

現代社会は数十年前と比較しても特に仕事や家庭などの日常生活においてストレスを感じることが多くなったといわれています。
実際に、うつ病やパニック障害といった精神疾患は年々増加を続け、今後さらに増大することが予想されています。
このため、メンタルケア心理士が行うメンタル疾患のケアや相談援助はこらからの社会にとって必要とされるものなのです。

 

そういう状況の中で、心理カウンセラーの資格は国家資格がない状態であったため、公的学会認定資格等が設定されることになりました。
メンタルケア学術学会が主催するメンタルケア心理士資格ももちろんそのうちにひとつです。
こういった流れは欧米の後を追うような形で発達してきたともいえるでしょう。

 

特に米国では心理カウンセラーを市民が利用することは当たり前のものとして受け止められています。
このため、職業としての心理カウンセラーも日本よりも数が多くいます。
もちろんこれは先進国であり日本より経済規模の大きいアメリカが先に高ストレス社会の問題に直面したからでもあります。

 

そして、この流れは今後日本でも同じようになることが予測されています。
その際、メンタルケア心理士が行うメンタル疾患のケアや相談援助は今以上に重要な役割なっていることでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら