最上級資格メンタルケア心理専門士まで狙う

もしあなたが心理カウンセラーを目指し、メンタルケア心理士の資格を取得するのなら、将来的に最上級資格であるメンタルケア心理専門士資格の取得を狙うことが望ましいでしょう。

 

 最上級資格であるメンタルケア心理専門士資格とは?

 

メンタルケア心理専門士資格は、メンタルケア学術学会が主催する認定資格の最上位に位置する資格です。

 

下位の資格としては、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士、メンタルケアカウンセラー資格があります。

 

メンタルケア心理専門士資格保有者は、心理学と精神医学に関する深い知見と、クライアントの状況に応じたカウンセリングができるスキルを保有していることが証明されますので、うつ病などの精神疾患や、家庭・職場・福祉・教育などの現場における様々な心理的問題についてサポートを提供することができます。

 

 メンタルケア心理士系の資格を取得するなら、メンタルケア心理専門士資格まで狙うべき

 

メンタルケア心理専門士の能力については、先ほどご紹介したように、現在多発しているストレスなどを原因とするメンタルのトラブルに関して即戦力となりうるものです。
ですので、医療に留まらず幅広い分野でその活躍が求められることになります。
このことから、メンタルケア心理専門士資格を取得することは、就職や転職、そして現在の職場におけるキャリアアップにつながることが期待できるのです。

 

ただし、メンタルケア心理専門士資格は最上位資格でもあるため、その認定試験を突破する事は容易ではありません。実技の試験もありますので、メンタルケア心理士を取得後、実務の経験を積まなければ合格することは困難でしょう。

 

ですので、メンタルケア心理士資格取得後早い段階でメンタルケア心理専門士資格を取得するということは望めませんが、最終的にはそこを目標とすべきです。
メンタルケア心理専門士となれば、その資格だけで十分価値があることはもちろんのこと、メンタルケア学術学会の活動において就職支援や業務の紹介制度を利用することもできるようになります。

 

また、心理カウンセラーとしての実績を積めば積むほど、周囲から上位資格の取得を望まれるということも容易に想像することができることです。
そういった観点では、メンタルケア学術学会が主催するメンタルケア心理士系の資格は、心理学の初歩となる基礎資格であるメンタルケアカウンセラー資格から最上位資格であるメンタルケア心理専門士資格まで4段階の資格付与がありますので、あなた自身の心理カウンセリングの能力や知識、実務経験に応じてステップアップできる体制にあることは望ましいことだといえるのかもしれませんね。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら