心理カウンセラーとして独立開業できる資格として注目

メンタルケア心理士は、心理カウンセラーとして独立開業できる資格として注目されています。
数ある心理学・心理カウンセラー系の資格の中でも、メンタルケア心理士資格は独立開業しやすい資格であるということで人気が高まっているという状況です。
今回はどうしてメンタルケア心理士資格は心理カウンセラーとして独立開業しやすいのかを調べてみました。

 

 心理カウンセラーとして独立開業するために必要な能力とは?

 

近年では、心の病気にかかる人が大幅に増え、うつ病や統合失調症、パニック障害といった重度の精神疾患を抱えてしまう人が増加しつつあります。
さらに悪いことには、この傾向はますます顕著になることが予測されています。その原因は現代日本社会における高ストレス環境が理由であるといわれています。
また、高齢化社会が進んでいること、長期にわたる経済の停滞とも無縁であるとはいえないでしょう。

 

そういった問題点を解決するために、現在医療・福祉・教育・企業・公共サービスの現場において心理カウンセラーの能力に対する需要が高まってきています。
この流れを受けて、国家資格が存在しない心理カウンセラーについて、複数の民間資格が立ち上げられることになりました。

 

それらの資格は、もちろん同じではありませんので独立開業しやすい資格もあれば、例え取得したとしても、開業という観点ではあまり効果のない資格もあります。

 

では、それらを分ける心理カウンセラーとして独立開業するために必要な能力には何があるのでしょうか?

 

その能力とは、心理学全般の知識、精神医学、薬学、事例研究等に関する深い知見、そして何よりもカウンセリング能力とその技術です。
それだけではなく、単なるカウンセリングに留まらないコミュニケーション能力についても必要となることでしょう。
同時に、そういったスキル的な側面以外にも独立開業するためにはクライアントの情報管理、守秘義務の遵守、トラブル回避のための規約・取り決めの決定などにも気を配ることが必要となります。

 

 メンタルケア心理士資格の取得が独立開業しやすくなる理由は?

 

心理カウンセラーとして独立開業するために必要となる能力等については把握できましたが、メンタルケア心理士資格の取得が独立開業に向いている理由というのも同時に理解することができました。
それは何故かというと、メンタルケア心理士資格を取得するためのカリキュラムと対応領域が独立開業に必要な能力と合致しているからです。
例えば、他の民間資格にはカウンセリングだけに注目した資格もあれば、企業内でのメンタルケア管理に重点を置いた資格もあります。
そういった能力だけでは、独立開業は難しいといわざるを得ません。

 

心理カウンセラーが最も求められる場面とは、精神疾患の治療ではなく、予防やストレスの除去であることは間違いないでしょう。精神疾患となってからのリハビリももちろん重要ですが、精神疾患となった場合にはまず医師の判断が最優先となるからです。

 

ですが、精神疾患になる前の予防やストレス除去を行う段階でも、精神疾患となってしまった場合にどういった薬で治療するオプションがあるのか、心理面と身体面の不調の関連性の可能性がどれくらいあるのかといったことを洞察する能力などはとても重要となるはず。

 

そういった観点から、メンタルケア心理士が証明する能力にはカウンセリング能力に加えて精神整理解剖学や薬学も含まれているので、独立開業がしやすいといわれる理由となっているのだと考えることができるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら