メンタルケア心理士の就職先

メンタルケア心理士資格取得後の就職先にはどのようなものがあるでしょうか?
メンタルケア心理士資格は、他の資格と比較して心理カウンセラーとしての独立開業がしやすいともいわれますが、就職する場合についても様々な就職先を選ぶことができます。
今回は、メンタルケア心理士資格を取得した状態で、どういった就職先が考えられるのかということについてご紹介したいと思います。

 

 メンタルケア心理士資格保持者が就職しやすい職業とは?

 

メンタルケア心理士がその資格取得後に就職先として選ぶことができるのは、主に以下のような職業となっています。

  • 医療機関(心療内科を含む病院・クリニックなど)
  • 介護施設
  • 福祉施設(障害者施設を含む。)
  • 自立支援センター
  • 電話相談員
  • 各種自治体の相談員
  • 教育相談員(施設・乳児院・幼児教室を含む。)
  • スクールカウンセラー
  • 学校心理相談員
  • 企業内のメンタル管理部署(人事部、総務部等)

また、メンタルケア心理士にはその上位資格としてメンタルケア心理専門士資格があります。その資格を取得した場合には、上記就職先に加え、次のような就職先も選択できるようになります。

  • 市役所・役場などの相談員
  • 公設地域相談所
  • 企業の顧問カウンセラー

 

 メンタルケア心理士資格取得後の就職について

 

上記のように、メンタルケア心理士資格取得後には様々な就職先を考えることができます。
もちろんですが、それらの就職先に採用されるかどうかは純粋なメンタルケア心理士としての能力だけではなく、その他の雇用条件(学歴・年齢・性別・過去の就業状況等)に左右されますので、必ずしも希望通りのところに就職できるということではありません。

 

例えば、医師免許や司法試験合格者であれば、法律の規定によってほぼ就職先が決まるような資格もありますが、TOEICや英検のようにそれのみで就職先が決まることは少なく、企業内でのキャリアアップや就職・転職時の追加スキルとして考慮される資格もあります。
メンタルケア心理士資格は、それらの資格のちょうど中間のような位置付けにあると考えられるでしょう。就職先がある程度絞られるのみではなく、現在の職業におけるスキルアップやキャリアアップに繋げることもできます。

 

また、メンタルケア心理士資格の最上位資格であるメンタルケア心理専門士資格を取得すれば、より希望の就職先に就職がしやすくなります。
それは資格自体の効果はもちろんあるのですが、メンタルケア学術学会が就職先の紹介等についても行っているからです。

 

いずれにせよ、心理カウンセラーとして就職を希望する場合、どういった場所で働きたいのか、そしてそこではどういった能力が求められるのかをまず確認し、必要とされるスキルや知識を習得することが重要であることは間違いないでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら