なぜ心理カウンセラーが注目されているのか?

なぜ最近は心理カウンセラーが注目されているのか。あなたはそのような疑問を持ったことはありませんか?
ほんの数年前まではあまり心理カウンセラーという言葉に接することもなかったと思います。
ですが、最近では「カウンセラー」「メンタルケア」という言葉は、新聞やテレビ、雑誌など至る所で目にするようになりました。
心理カウンセラーを取り巻く環境はこのように変化してきているのですが、なぜこのように心理カウンセラーが注目されるようになったのか、その背景についてご紹介したいと思います。

 

 心理カウンセラーが注目されるようになった最大の理由は、精神疾患の増加

 

心理カウンセラーが注目されるようになったのは、やはり心理カウンセラーが対応すべき精神疾患患者及びその潜在患者の大幅な増加を理由として挙げることができるでしょう。

 

その背景として、社会全体のストレスが蓄積していることがあります。
10年ほど前から、「うつ病」といった言葉が良く聞かれるようになりました。その傾向は、20年ほどに前にはなかったものです。

 

その間、日本人からどんどん余裕が無くなってしまったことが無関係とは思えません。
そしてそれは長引く不況があることと無関係ではないでしょう。
会社ではリストラが横行し、倒産におびえる日々、大手企業でさえ身売りが当たり前の状態になりました。
そして、不況で給与が下がると家計も苦しくなります。仕事で大きなストレスを抱えているのに、家に帰っても心が安まらない。そういった人が増えているのです。
もちろん、こういった形として現れるものだけがストレス社会の実情ではありません。
ですが、漠然としてはいるが、社会全体を覆う大きな不安について感じている人は大勢いることと思います。

 

そういった状況の悪化に比例するようにして、うつ病やパニック障害などの精神疾患の患者数が増加していきました。
精神疾患になってしまうと、薬での治療や休養が必要となるのですが、身体の病気とは異なり、時間が長くかかってしまうケースも多いです。
ですので、精神疾患になってしまってから治療をするよりも、予防に力を入れた方が望ましいということになりました。

 

その結果、対面で人々のストレスを軽減し、心の病気を精神疾患に発展させないように援助・助言する心理カウンセラーに対する需要が高まってきているということなのです。
こういった状況は日本に限ったことではなく、アメリカやヨーロッパなどの先進国でも大きく見られる現象です。
そして、先進国の経済状況については今後も一挙に好転する可能性は低いと見られています。

 

このような背景と状況があるため、今後もますます心理カウンセラーへの注目度は上がることが予想されています。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら