通信講座こそ大手企業のものを選ぼう

民間教育機関の通信講座を利用するのなら、大手企業のものを選ぶようにしましょう。
もしあなたがスキルアップや資格取得を目指すなら、自宅で受講できる通信講座がおすすめです。
特に、社会人や主婦の方で忙しい方、時間が限られている方、家を離れることが難しい方にとっては自宅で進めることができる通信講座はとてもありがたいもの。
今回は、そんな通信講座を申し込む際に気を付けたいポイントについてご紹介します。

 

 通信講座の選び方において気を付けるべきポイントとは?

 

通信講座は、複数の教育機関がサービスを展開しているのですが、どの教育機関を選んでも良いという訳ではありません。

 

例え同じ資格を取得するためのコースでも、教育機関が違えば内容が変わってきます。
通信講座において、最も差が出るのは、「教材」です。教材には教科書(テキスト)やDVD(講義動画や実技・実践動画)がありますが、これらは全て通信講座を開講する企業が製作しているので、そのクオリティに違いが出てくるのです。
ですので、通信講座を選ぶ際には「教材」が充実しているかどうか?を重視して比較することをおすすめします。

 

もちろん、受講する前であれば教材の内容は分かりません。教材の善し悪しを確認したい場合にはネット上での口コミによる評価や評判を確認する方法もそのひとつではありますが、もっと簡単に判断する方法もあります。
それは、教材を製作している会社、つまり通信講座を主催している企業の実績を見ることです。
当然ですが、良い教材を製作している企業は口コミによって評価が上がり、利用者も増加します。それが実績となり、その会社の業績にも繋がります。
そして、長年通信講座を運営することによって資格試験の合格率を上げるための教材製作についてもノウハウが蓄積されていくようになります。

 

そのような背景がありますので、端的に言えば通信講座は信頼と実績・ノウハウを蓄積している大手企業のものを選ぶことが大事、ということになります。

 

 大手通信講座主催企業の中では、ヒューマンアカデミーがおすすめ

 

通信講座の教育を提供する企業の中では、特にヒューマンアカデミーがおすすめです。
なぜならば、ヒューマンアカデミーには先ほどご説明したような長年の運営による信頼と実績があるため、各講座の教材のレベルが非常に高く、口コミの評価でも分かりやすいと評判になっているからです。

 

そして、教材の内容が優れているだけではなく、ヒューマンアカデミーでは通学制と通信制の両方を提供しているため、それぞれのノウハウをフィードバックしあうことにより、常に最新の教育方法を取り入れています。

 

また、通学用の講座のあめにリアルの校舎もありますが、通信制の受講生もリアルの校舎での様々なサービスを受けることができるというメリットがあります。
それは例えば受講に関する個別相談であったり、資格取得後の就職・転職サポートサービス、就職時の面接支援サービスなどです。
これらには別途費用がかからないため、ヒューマンアカデミーで通信制講座を利用した人だけの特典でもあります。

 

こういったことができるのも、受講者の資格取得や認定試験の合格、そしてその後の仕事への就業や転職といったところを大切にしている証拠でもあります。

 

実績に裏付けされた教材のレベルとサポートを含めた受講環境。それらを考慮すると、現状では通信講座を利用する際には大手企業、その中でもヒューマンアカデミーが特に優れているといえるでしょう。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら