メンタルケア心理士が難関資格になる前に取得を目指す

メンタルケア心理士が難関資格となってしまう前に、早めに取得を目指すべきかもしれません。
今後、「心理カウンセラー」という仕事の需要が増えることは火を見るよりも明らか、といった段階にあります。
そのような中、今ならばまだ多くの人が気付いていないため、心理カウンセリング系の資格の中でも評価が高く、人気のあるメンタルケア心理士資格も合格率40%程度で取得できる状況にあります。
しかし、その様な状況は長く続かない可能性が高いので、もしもあなたが心理カウンセラーになりたいと考えているのなら、なるべく早い段階、つまりメンタルケア心理士資格が難関資格になってしまう前に早めに資格取得を目指すことをおすすめします。

 

 なぜ、今後メンタルケア心理士資格が難関資格になってしまう可能性があるのか?

 

今後メンタルケア心理士資格の取得が難しくなってしまう可能性が高くなるとお伝えしましたが、それは何故なのかについて、その理由をご説明します。

 

心理カウンセラーを目指す方は御存知かと思いますが、近年、日本人の大人が社会生活で大きなストレスにさらされ続けることにより、心の病気や精神疾患にかかってしまう割合が大きく増加してきました。
ある調査では、社会人の3人に1人が何らかの心の病気を抱えているという可能性まで指摘しています。

 

その様な中で、心の問題に後手に陥ってしまった日本の医療界では、うつ病にかかってしまった人に対する治療、特に向精神薬によるうつ病治療が中心となっています。

 

ですが、うつ病が大きな社会問題となっているアメリカでは、精神疾患を抱えてしまった後よりも、その前段階の状態で予防する方が効果的であるということで、カウンセリングが広く利用されています。

 

そのアメリカでの前例にならって、日本でも医療分野に限らず、企業や教育、そして公共サービスなどでカウンセリングが導入されるケースが急増しています。
このことが、メンタルケア心理士資格が難関資格になる可能性を示唆しているのです。

 

 メンタルケア心理士を目指すなら、難関資格になる前に取得すべき

 

さきほどご説明したように、日本でもカウンセリングが実施できる人材への需要が高まっています。この傾向が続くと、仕事としての心理カウンセラーの魅力に気付く人が増えてきます。
収入の面でも現在よりもさらに良い条件になる可能性があります。

 

そして、心理カウンセラーについては国家資格が一切無いので、いずれかの民間資格を取得することを考える人が増えてきます。
つまり、現状、大学の心理学部卒業生や大学院を修了した以外の志望者に最も人気があるメンタルケア心理士資格にそういった人達が殺到することが予想できるのです。
当然ですが受験者数が急増すれば競争率が上がり、資格も難関資格となってしまいます。

 

今でも合格率40%と、簡単な資格ではありませんがこれ以上難関になると取得するのは難しくなってしまうでしょう。

 

そうなってしまってから後悔しないためにも、心理カウンセラーになりたいと考えている方や、興味があるあなたは、今すぐ行動を起こした方が良いかもしれませんね。

 

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指すことができる講座です。

 

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー講座、メンタルケア心理士講座の2つの資格を同時に目指すことができる講座です。カウンセリング実技実践付。

 

無料資料請求はこちら